すみだ文化芸術情報サイト

  • 墨田区の文化芸術オフィシャルサイト

墨田区の文化芸術オフィシャルサイトすみだ文化芸術情報サイト

イベント情報event

このイベントは終了しました
第六回RPS企画展幸田大地写真展「SMALL GOOD LIE」

幸田は個人的な死や喪失にたいする距離感を物語のベースに作品作りを続けており、今回はともに暮らすガールフレンドとの生活の中から、親密でときに感情的な印象を受けるその距離感、身近な生と死の狭間に存在する自分自身の心のなかの距離感を視覚的物語にした展示となっています。この作品は手製本としてもまとめられ、展示と写真集とでその距離感、世界観を辿って頂ける様になっています。但し「すべての観客が別々のルートをたどること」を写真家である幸田本人が理想だと考えています。是非、実際に展示と写真集でじっくりと鑑賞して頂ければと思っております。

次作品に繋がる試作手製写真集「springboard」の期間内限定制作・販売が予定されています。さらに第一回アトラスラボワークショップ、RPS2周年記念パーティーも期間内に開催されます。是非、期間中に一度足をお運び下さい。

アーティストステートメント

彼女が死にたいと言ってから、僕はそれが本当に起こりうることだということを考えていた。
身近な死を通して、人が死ぬことを僕は知っていて、それが突然目の前に現れることがあることも分かっていた。
彼女の症状は深刻で、憔悴している姿は痛々しく小さかった。当時、生活するということは難しい事だった。
僕はなんとかして生活をあきらめてしまう事を遠ざけようとしていた。僕はいくつもの嘘をついた。
彼女の死を考えながら、同時に僕自身の中にある問題を解決する必要を感じていた。
喪失を見つめながら、今をどうするのかという事についての問題だった。
画面の中に深く沈んでいけば行くほど境界は曖昧になり、その曖昧さの中にこそ温度を感じる気がした。
どちらとも言えない景色は、どちらかではない事を示していた。
死はあらかじめ含まれていた。

日時

2014年11月15日(土)~12月7日(日)
午後1:00~午後7:00(期間中無休)
※オープニング11月15日(土)午後6:00~ アーティストトーク

会場

【会場】Reminders Photography Stronghold ギャラリー 墨田区東向島2-38-5(MAP)
※半蔵門線(曳舟駅)、浅草線(京成曳舟駅)のいずれの駅からもお越しいただけます。

料金

無料