すみだ文化芸術情報サイト

  • 墨田区の文化芸術オフィシャルサイト

墨田区の文化芸術オフィシャルサイトすみだ文化芸術情報サイト

イベント情報event

イベント開催中です
シアターX 2021年4・5月プログラム

シアターX主催公演等のお知らせです。詳細はホームページ www.theaterx.jp をご覧ください。

【2021年4・5月 主催公演】

〈第11回〉オフラインOff Line勉強会“ぐんじ歌舞伎”『歩く』を観て 郡司正勝を学ぶ

「もし人類が歩くことができない生物だとしたら…を、念頭において構成し、この人生にとって“歩く”とは何を意味するのか」(イメージスプリントより)
古典芸能研究家、早稲田大学名誉教授であった故・郡司正勝氏が若手俳優とともにポーランド公演のため創作し、ワルシャワとクラクフで公演。両都市それぞれとも翌朝の新聞に「日本の古典に精通し権威でもある学者による“最新鋭の演劇作品…”である」と絶賛された。氏の24回目の命日であるこの日、共に観て学ぶ会。

講師:谷川 渥(美学者・批評家)、江ノ上 陽一(パントマイミスト)、朱花 伽寧(女優)
日時:4月15日(木) 19:00
参加費:500円
http://www.theaterx.jp/21/210415-210415p.php

つかこうへい研究会2021(舞台映像を観て学ぶ)

つかこうへい氏はシアターXとの関わりの深いアーティストです。
シアターX創立翌1993年に『熱海殺人事件』の8ヵ月ロングランを敢行、それまで上演されていた『オーソドックス・バージョン/永すぎた春』に加え新作を創作しながら上演を続け、『モンテカルロ・イリュージョン』と『妹よ』とが生まれました。毎回満席で、連日当日券を求める行列が朝からできていました。その他1995・96年に『蒲田行進曲完結編・銀ちゃんが逝く』を上演、「つかこうへい演劇教室」と銘打ったワークショップも開催。また北区つか こうへい劇団劇作家コースのシリーズ公演や、大分市つかこうへい劇団『売春捜査官』の東京初演などシアターXを”劇場らしい劇場”とするために大きく貢献。
2013年から始まった「つかこうへい研究会」を継続していくため、この度 企画委員として  朝日新聞記者の秦忠弘氏とシアターX芸術監督/プロデューサー 上田美佐子とで 進めていくことといたしました。
今後ともご注目ください。

当日のモデレーター:秦忠弘ほか

日時:
4月24日(土)14:00 参考上映『銀ちゃんが逝く』
4月25日(日)14:00 『熱海殺人事件 売春捜査官』
4月26日(月)18:00 『熱海殺人事件 オーソドックス・バージョン』
4月27日(火)18:00 『熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン』

上映参加費:各500円
http://www.theaterx.jp/21/210424-210427p.php

第7回 ルナ・パーティ

『家に帰りたい』……マドンナの母君の、それ。

構成・出演:石井マドンナ(くに子)
演奏:服部吉次

~~~非情さと 甘さとの母君の一生~~~
母・悦子98歳。かの秋山好古(よしふる)陸軍大将を大叔父に嫁ぎ先の家も すべてが大日本帝国 陸軍・海軍の上層部。そして、国家権力の栄光の部分で 生きていた人々。彼女の思いを理解しようとしますが…いくら調べても想像しても答は いつも「歴史の必然、仕方ない」で 済まされてしまうのでした。
冗談じゃあない、長女( 石井くに子) の立場から その不条理をカバレットに――<戦争> の闇を 胸に抱きかかえ 生き抜いてきた母の人生。―――改めて 検証してみようと思います。あくまでも愉しくネ。
石井くに子

日時:5月1日(土)15:00
http://www.theaterx.jp/21/210501-210501p.php

シアターΧ一人芝居シリーズ (第69回)志賀澤子ひとり芝居
『ROSE ローズ』 作:マーティン・シャーマン

ローズ80歳。いま 話さずにいられないこと……
「二十世紀は 最後から二番目の世紀になる」

日時:5月10日(月)19:00 (劇場ロビーにて)
http://www.theaterx.jp/21/210510-210510p.php

【5月提携公演】

トム・プロジェクト『Sing a Song』

昔一人の歌い手がいた
歌を愛し歌に愛された彼女だが
戦争が彼女から歌を奪おうとした
歌い手とその歌に惚れ込んだ仲間たちは
誇りを胸に皇軍慰問の旅に出る
歌に生きた一人の女とその歌を愛した人々の物語

作:古川健 演出:日澤雄介
出演:戸田恵子、鳥山昌克、高橋洋介、
岡本篤、藤澤志帆、大和田獏

日時:5月4日(火)~9日(日)
http://www.theaterx.jp/21/210504-210509t.php

平石耕一事務所『自り伝5・再び京都編』

東洋のマルクスといわれる安藤昌益(江戸時代中期の医師・思想家・哲学者)の思想と生き様を描く今回の物語。讃岐から京都に入った昌益たち一行。彼らを待ち受けていたのは、正体不明の疫病。そして一行が身を寄せていた非人部落がその疫病の発生源と疑われる。若き小児科医本居宣長も加わっての奮闘劇。

作・演出:平石耕一
出演:根岸光太郎 坂本秀昭 三國志郎 鈴木正昭 齋藤美香
柴田愛奈 武田光太郎 山口真実 市川千紘 伊佐山大智

日時:5月13日(木)~16日(日)
http://www.theaterx.jp/21/210513-210516t.php

「シアターX本物の俳優修業」シリーズ 参加者募集!

好評スタニスラフスキーによる基礎トレーニング〈スタ・トレ〉Part.17

「あなたは、台本をもらったら、次に何をしますか?俳優の役の創造はいつから、どうやってはじまるのでしょう!そのための準備は? 創造する喜びを身につけましょう…」

講師:八木昭子(東京ノーヴイ・レパートリーシアター事務局長)
日時:4月5日~6月7日 14:00~17:00 月曜開催
参加費:1万円(全10回分)

第18回 俳優 マスタークラス
【演技しない!スタニススラフスキー・システムで本当に生きる!? 真実の感情の道へ?】

講師:菅沢晃(東京ノーヴイ・レパートリーシアター俳優)
日時:4月5日~ 18:00~21:00
参加費:35000円(このマスタークラス経験者・学生 割引あり)

大雁気功

故・桃山晴衣(三味線シンガーソングライター)ワークショップの『俳優修業』(1999-2003)にて、「美しい所作を身につけ、今を生きる心身の糧として」という意図のもと、中川進先生によって続けられている。

講師:中川進(養生気功研究会 会長)
日時:月3回 木曜18:15~開講中。
参加費:4000円(月3回分)

アートマイム塾 第4期(2020年10月より開講中)

2022年の『第15回シアターΧ国際舞台芸術祭IDTF』参加を目指してJIDAIによる作・演出作品を創作していくなかで伝わる表現と向きあう。(途中参加・可)

講師:JIDAI
日時:基本第2、4水曜 13:30-16:30

シアターX「一人芝居研究会」

2019年10月から 「一人芝居」を研究・稽古

日時:4月19日(月)
参加費:聴講500円
ドラマトゥルク:志賀澤子

※詳細・会場は、お問い合わせください。