すみだ文化芸術情報サイト

  • 墨田区の文化芸術オフィシャルサイト

墨田区の文化芸術オフィシャルサイトすみだ文化芸術情報サイト

イベント情報event

このイベントは終了しました
トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバルVol.10  TEFパフォーマンス

 

宝栄美希×山田 岳|2015.8.30-9.1

【日時】12月20日(日) 15:00開演

【入場料】2,000円

【アーティスト】宝栄美希、山田 岳

ダンスに伴われる音楽、あるいは音楽に付随したダンスといったような単なるコラボレーションではない、お互いのより個人的な私生活の表出をコンセプトとした音と体をめぐる新しい試み。個人的な空間(あるいはプライヴァシー)をキーワードとして、音楽や身体の振り付けはすべてその観点から着想を得ている。

VゔIぃDでEおO(トマツタカヒロ+東 弘基)|VゔIぃDでEおO@両国門天

【日時】12月21日(月) 19:30開演

【入場料】2,000円

【アーティスト】トマツタカヒロ、東 弘基

日常生活を取り囲む映像メディアの普及の急加速は我々に何をもたらしているのか?トマツタカヒロの肉態表現と東弘基のビデオアート、そして国内外の音楽家たちとの実験的セッションにより両国門天ホールの時空間にて炙り出す試み。
撮っているのか?撮られているのか?監視カメラは誰のために??

バイナリー(リナ・アンドノヴスカ&ジャネット・マッケイ)|into the ether…

【日時】12月22日(火) 19:30開演

【入場料】1,800円

【アーティスト】リナ・アンドノヴスカ、ジャネット・マッケイ

ヘビメタの影響が感じられるデ・レオン、繊細な輝きを放つ金子仁美の「雅」、オーストラリア在住作曲家による極めて対照的な作品―カルスキによるアルト・フルートとバス・フルートのための作品と、身体表現も要求されるシュロモヴィッツの作品が続く。最後は四分音のクラスターがジェットコースターのように駆け巡る「ループスⅢ」。奥深く、パワフルでエネルギッシュな世界を表現するプログラムが展開される。

トンネル・アンサンブル(マーク・ヴィラノヴァ&ペーター・ブライテンバッハ)|Tunnel Ensemble

【日時】12月23日(水・祝) 19:00開演

【入場料】1,500円

【アーティスト】マーク・ヴィラノヴァ、ペーター・ブライテンバッハ

ライブ・エレクトロニクスによって拡張されたサックスのサウンドが空間をみたす「Göng」、それぞれのサウンドが調和を求め絡み合う「Rami」、サックス・ソロとフィードバックのための「Eefin」、音と身体の密接な関係が求められる「Mina」。サックスとエレクトロニクスが求める新しいサウンドが、観客を4つのトンネルへと導く。

世界(勅使河原一雅+石田多朗)|関島岳郎と世界

【日時】12月24日(木) 19:30開演

【入場料】2,500円

【アーティスト】勅使河原一雅、石田多朗、関島岳郎

自動生成による映像は究極に抽象的なものではあるものの、心のざわめきを観客に抱かせます。その感情は音楽によって増幅され、あたかも太陽を観て心が動くような、そのような感情を生み出し、時には懐かしさ楽しさ嬉しさを、時には、不安、哀しさ、虚無感をも
よおさせます。映像を見て、音を聞いてはいるものの、同時にそれぞれの心の内面や過去を探っているのかもしれません。

山本和智|山本和智エレクトロニクス作品展

【日時】
12月25日(金) 19:00開演
12月26日(土) 15:00開演

【入場料】3,000円

【アーティスト】
山本和智(作曲)、有馬純寿(エレクトロニクス)、山田 岳(ギター)、黒田鈴尊(尺八)、篠田浩美(マリンバ)、久保田晶子(琵琶)、守 啓伊子(三味線)

作曲者40歳(不惑)を前にして「思う存分、惑う」ことをテーマに書かれ、「彷徨える流体」にその自らを重ねたシリーズ “Roaming liquid set” から2作品、そして一昨年初演され好評を博した女性プレイヤーのみにその演奏が許される “Trance-media” シリーズの第2作目を初演。また、有馬純寿氏のために書かれたエレクトロニクス・ソロのための作品など、今後、さらなる活躍を期待される山本和智の「特異性」に迫る。

渡邉理恵|フェミミュージック-音楽の女子力

【日時】12月27日(日) 17:00開演

【入場料】2,000円

【アーティスト】
渡邉理恵、大田智美、角銅真美、浅井隆之、金巻 勲、美山良夫、有馬純寿

作品とジェンダーは関係があるともないとも言えます。しかし私がこの10年ドイツで出会い、心惹かれたこれらの打楽器、オブジェクトなどによる音楽作品が18歳から74歳までの世代の異なる7名の女性作曲家、アグネス・ホーマン、カタリーナ・ロス、山根明季子、オクサーナ・オメルチュク、チヨコ・スツラブニクス、カローラ・バウクホルト、志田笙子によるものであったことは、少し気になる偶然でありました。普段と少し違う「女子力」をご紹介します。

会場

両国門天ホール

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト

WEB