すみだ文化芸術情報サイト

  • 墨田区の文化芸術オフィシャルサイト

墨田区の文化芸術オフィシャルサイトすみだ文化芸術情報サイト

インフォメーションINFORMATION

Justin Maxonワークショップ「プロジェクトの発展」応募受付開始、締め切りは10/30まで

RPSは第6回RPSグラント受賞写真家のジャスティン・マクソンを迎え、12月に2週末を利用したワークショップを開催します。
写真制作活動に行き詰まっている方、プロジェクトとして制作活動をすることに一から取り組んでみたい方、是非、参加ご検討下さい。

【実施期間】
パート1:12月13日(土)、14日(日)
パート2:12月20日(土)、21日(日)
パート1とパート2を受講していただく、全4日間のワークショップとなります。
午前10時から午後6時頃まで(※居残りによる自主的な作業は大歓迎です。その場合は午後10時頃まで)

【講師】
ジャスティン・マクソン、後藤由美 (使用言語:英語、通訳あり)

【費用】
55,000円、50,000円(RPSメンバー)

【定員】
12名

【応募締め切り】
10月30日

応募方法等の詳細はこちらを参照してください。
http://reminders-project.org/rps/justin-maxonwpjp/

Justin Maxonワークショップ「プロジェクトの発展」

デジタルテクノロジーの到来によってこの世にはこれまでにないほどの「写真家」が溢れています。従来のメディアがプレッシャーで押しつぶされそうになっている世界においては、個々がフリーランスという立場で写真的活動を続けることはもはや不可能です。そこには成功という希望などはないと言えるでしょう。それ故に「写真家」独自のアプローチを見つけ出すことは、もはや避けられないことになっています。このワークショップではプロジェクトという概念から出発する写真制作活動のアイデアを講義と実践を交え、さらに発展させることを目的としています。これまでに撮影されたもの、あらたに撮影されたもので編集作業をし講評の機会を持ちます。さらにそこから発展していく事を想定し、案を練り直します。最終的にはマーケティングの方法、プロポーザルの書き方までを盛り込んだワークショップになります。
参加されるみなさんには個人のプロジェクトのみならず、参加者同士で広範囲にわたる対話を通し、個人特定のプロジェクトの方向性をどの様に組み立てていけばいいのかをともに考え抜きながら、プロジェクトの発展への大きな手がかりを掴む場としてご参加頂きたいと願っています。